特定商工業者制度について

特定商工業者制度について
 商工会議所は「商工会議所法」に基づく特別認可法人で、相模原市内の会員事業所によって構成されている組織であるとともに、地域内商工業の総合的な発展と社会一般の福祉増進を図ることを目的とする地域総合経済団体です。
 その為、「商工会議所法」である一定規模以上の企業(特定商工業者)を対象とした法定台帳の作成が義務づけられており、地域内商工業者の実態を把握させていただいています。

特定商工業者の該当基準
 4月1日現在において、それまで引き続き6ヶ月以上、相模原市内(旧津久井4町の地域を除く)に、本社をはじめ支店・営業所・事務所・工場・事業場・学校を有する商工業者のうち、相模原商工会議所の会員・非会員を問わず下記のいずれかに該当する事業所です。
 ①資本金額又は払込済出資金額が300万円以上である商工業者
 ②従業員数が20人(商業・サービス業は5人)以上の商工業者
 ※従業員数とは常時雇用されている全ての人です。但し派遣社員は含みません。

     【チェックチャート】

特定商工業者チェックチャート
◎特定商工業者には法定台帳の提出と台帳管理の費用として年間1,500円の負担金を賦課しています。

お問い合わせ
総務課
電話:042-753-8131