景気観測調査のお願い《調査期間:令和4年7月~9月期》

相模原商工会議所では、市内事業者や関係機関の方に経営状況の動向を把握し、今後の経営方針や経営判断・経営改善にお役立ていただくため、四半期ごとに調査・報告を実施しております。令和4年7月~9月期調査につきまして、以下入力フォームよりご回答いただきますようお願い申し上げます。

※今回、送付させていただいたQRコードが読み込めず、ご迷惑をおかけしております。お手数をおかけいたしますが、下記のフォームよりご回答くださいますよう、お願い申し上げます。

回答期限:令和4年9月9日(金) 結果報告:集計・分析結果は、会報およびホームページに掲載致します

※最後に「個人情報のお取り扱いについて」に同意の上チェック☑を入れてご送信ください。

★当所公式LINEへのご登録は 相模原商工会議所公式LINE | LINE 公式アカウント からお願いいたします。

<<過去の調査結果はコチラ>>


景気観測調査《調査期間:令和4年7月~9月期》入力フォーム

◆貴社(事業所)の概要について
①業種
②主な事業内容
③代表者年齢
④従業員数
※役員、パート・アルバイトを除いた正社員の人数をお選びください。
⑤会社等組織
⑥資本金

◆貴社(事業所)の経営環境等の状況や、仕事を通じて感じる景気感について
※数字等を厳密に比較するものではありません。景気感に対する印象をご回答ください

【設問A-1】令和4年7月~9月期 実績見込(令和3年7月~9月期と比較して)
売上高
採算
仕入単価
販売単価
従業員
資金繰り
総合判断
【設問A-2】令和4年10月~12月期 予測(令和4年7月~9月期と比較して)
売上高
採算
仕入単価
販売単価
従業員
資金繰り
総合判断
【設問B】今期の経営上、特に問題点とされるものについて※3つまで選択
1) 売上不振2) 受注単価・販売価格の低下3) 収益率の低下4) 個人消費の低迷5) 販売先の減少6) 大型店の進出7) チェーン店等との競争激化8) 公共工事の減少9) 民間工事の減少10) 仕入単価の上昇11) 円安の影響12) 円高の影響13) 代金回収困難14) 諸経費の増加15) 従業員(含、臨時)が過剰16) 従業員(含、臨時)が不足17) 設備不足・老朽化18) 特になし
【設問C】今期、特に感じていることについて

◆平成30年度、中小企業の事業承継をより一層後押しするために改正された事業承継税制の10年間限定の特例措置が設けられてから4年が経過しました。これに関連して、以下についてお伺いします。

【設問D】後継者について※該当するもの1つ選択
【設問E】上記【設問D】で(1)と回答した方に伺います。後継者について※該当するもの1つ選択
上記で「4.その他」と回答した方その内容について
【設問F】上記【設問D】で(2)~(3)と回答した方に伺います。後継者について※該当するもの1つ選択
上記で「6.その他」と回答した方その内容について
【設問G】上記【設問F】で(1)~(4)と回答した方に伺います。希望する後継者について※該当するものすべて選択
1)同族承継2)内部昇格(含む従業員)3)外部招へい4)M&A
【設問H】改めて全員の方に伺います。後継者への事業承継を行う際に想定される課題について※該当するものすべて選択
1)後継者と後継者候補に対する教育2)後継者幹部候補・右腕人材の育成3)後継者に引き継ぐ事業の磨き上げ・事業の再構築4)後継者の探索・確保5)後継者と古参幹部(役員)や従業員との関係性の維持・構築6)取引先との関係維持・構築7)借入金・債務保証の引継ぎ・新たな資金調達8)相続税などの税金の負担が重いこと9)後継者への株式の譲渡・分散した株式の集約10)後継者と経営方針等で意見の食い違いが出ること11)後継者に対し、親族や株主の反対・抵抗があること12)特になし13)その他
上記で「13.その他」と回答した方その内容について
【設問I】事業承継に係る相談相手について(親族関係者以外で)※該当するもの1つ選択
【設問J】上記【設問I】で(1)~(2)と回答した方に伺います。事業承継に係る相談相手について※該当するものすべて選択
1)税理士・公認会計士2)取引金融機関3)役員・従業員4)他社の経営者仲間5)事業承継コンサルタント6)事業引継ぎ支援センター等公的相談機関7)弁護士8)相模原商工会議所9)その他
上記で「9.その他」と回答した方その内容について

◆相模原商工会議所では、毎月発行の会報、ホームページ、ファックス、公式LINE、一部部会ではメールマガジン等で情報発信を行っております。情報収集方法に関連して、以下2点についてお伺いします。

※相模原商工会議所公式LINEのご登録は、当所ホームページに掲載のQRコードよりお友達登録をお願いいたします。

【設問K】情報収集ツールについて※該当するものすべて選択
1)パソコン2)スマホ・タブレット3)ファックス4)書籍、雑誌、新聞等5)その他
上記で「5.その他」と回答した方その内容について
【設問L】情報収集の方法について※該当するものすべて選択
1)対面での情報収集2)SNS3)WEBサイト4)新聞(電子版含む)5)書籍・雑誌6)メールマガジン7)LINE8)YouTube9)TV10)アプリ11)ファックス12)その他
上記で「12.その他」と回答した方その内容について

◆新型コロナウイルス感染症の経済への影響は続いております。これに関連して伺います。

【設問M】新型コロナウイルスによる経営への影響について※該当するもの1つ選択
【参考調査】今後相模原商工会議所が事業を開催する場合、参加したい事業について※3つまで選択
1) 経営講演会・セミナー(オンライン含む)2) 経営革新に関する相談・指導3) 融資の相談、情報の提供4) 販路開拓や自社PRのための交流事業5) 事業所個別診断・指導6) 共済の相談、情報の提供7) IT化の相談・指導8) 会員親睦事業
〔消費税インボイス制度に関するアンケート調査〕
◆インボイス制度(適格請求書等保存方式)とは、令和5年10月1日から導入される消費税の新しい仕入税額控除の方式です。インボイス制度に対応しないと、売上先(買手)にインボイスを交付できません。インボイスを受け取れなかった売上先は仕入税額控除ができず、納付税額が大きく計算されてしまいます。

◆適格請求書発行事業者への登録申請は始まっており、来年10月のスタートに対応できる期限は令和5年3月31日までとなっています。制度開始前に必要な事前準備は、請求書フォーマットやシステムの変更だけではありません。課税事業者は基本的に申請・導入する必要があるため、制度を理解し準備を進めていく必要があります。まずは、皆様の現状を教えてください。

【質問1】どのような形態が多いですか。※該当するもの1つ選択
【質問2】今期の消費税の課税事業者(本則・簡易課税)ですか、免税事業者ですか。※該当するもの1つ選択
【質問3】消費税の経理処理をどのように行っていますか。(免税事業者の場合は、仕入れの経理方法についてのみ選択してください。)※該当するもの1つ選択
上記で「3.その他」と回答した方その内容について
【質問4】インボイス発行事業者の登録申請状況について※該当するもの1つ選択
【質問5】インボイス制度導入に向けた貴社の準備状況について※該当するもの1つ選択
上記で「5.その他」と回答した方その内容について
【質問6】インボイス制度導入に向け、どのような点が課題と思いますか。※3つまで選択
1)発行する請求書等の様式を変更しなければならない2)システムの入替・改修コストがかかる3)受取った請求書等がインボイスの要件を満たすか確認しなければならない(登録番号、税率ごとの税額、税率等)4)仕入先がインボイス登録事業者かそうでないかを確認しなければならない5)受け取った納品書と請求書とを突合しなければならない6)端数処理のルールが変わってしまう7)自社が発行する請求書等の写しを保存しなければならない(3万円未満を含む)8)受け取った3万円未満の請求書等も保存しなければならない9)仕入先がインボイス発行事業者にならない場合、自社の納税額が増加する10)仕入先を免税事業者から課税事業者に変更したいが、対応可能な業者がいない11)免税事業者である取引先の廃業が懸念され、仕入に影響が出る12)(現在は免税事業者だが)課税転換し、消費税を納付しなければならなくなる13)そもそも制度が複雑でよく分からない14)その他
上記で「14.その他」と回答した方その内容について
◆<本則課税事業者の方(質問2で1と回答された方)にお伺いします>
「インボイス制度」導入後、仕入等を行っている先(以下、仕入先) が免税事業者の場合、原則、仕入税額控除ができなくなります。つきましては、以下3点についてお答えください。

【質問7】現在、仕入先に免税事業者が含まれていますか。※該当するもの1つ選択
【質問8】「インボイス制度」導入後、免税事業者からの仕入等について、どのような対応を検討していますか。※該当するもの1つ選択
上記で「6.その他」と回答した方その内容について
【質問9】質問8で選択肢1~3と回答した方にお伺いします。現在、仕入等を行っている免税事業者に対してどのような対応を検討していますか。※該当するもの1つ選択
上記で「4.その他」と回答した方その内容について
◆<免税事業者の方(質問2で3と回答された方)にお伺いします>
「インボイス制度」導入後、仕入先が免税事業者の場合、本則課税事業者は原則、仕入税額控除ができなくなります。
つきましては、以下3点についてお答えください。

【質問10】「インボイス制度」導入後、免税事業者からの仕入等について、どのような対応を検討していますか。※該当するもの1つ選択
【質問11】「インボイス制度」導入に向け、どのような対応を行う予定ですか。※該当するもの1つ選択
上記で「7.その他」と回答した方その内容について
【質問12】課税事業者になる際の課題について※3つまで選択
1)商品価格・受注額等への上乗せが難しく、消費税負担により利益が減少する2)消費税を納める必要があるため、資金繰りが厳しくなる3)請求書等の様式変更、発行するインボイスの保存義務等の事務負担に対応できない4)消費税額の計算、申告等の手続きに対応できない5)税理士等への依頼費用が負担となる6)そもそも消費税制度を理解できていない7)その他
上記で「7.その他」と回答した方その内容について
◆改めて全員の方にお伺いします

【質問13】現在の販売時の消費税の端数処理方法について※該当するもの1つ選択
※インボイス制度導入後の端数処理は、1請求書あたり税率ごとに1回行うことになり、商品・アイテムごとの端数処理は認められません。(免税事業者は回答不要)
上記で「7.その他」と回答した方その内容について
【質問14】インボイス制度に対するご意見や、準備にあたっての具体的な懸念点等がございましたら、ご記入ください。(自由記入)
<以下任意>
ご回答いただきましたお客様についてお教えください
ご入力いただきますと今回の調査結果等をメールでお知らせ致します
事業所名
ご回答者氏名
メールアドレス

●個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、本調査の運営管理並びに結果のご送付・当所事業のご案内にのみ利用致します。

←上記内容で送信されます。入力内容のご確認および「個人情報のお取り扱いについて」に同意の上チェック☑を入れてください。


お問い合わせ
相模原商工会議所 総務課
電話:042-753-8131

[記事の表示期限] 2022.09.13 23:59