景気観測調査のお願い《調査期間:令和4年4月~6月期》

相模原商工会議所では、市内事業者や関係機関の方に経営状況の動向を把握し、今後の経営方針や経営判断・経営改善にお役立ていただくため、四半期ごとに調査・報告を実施しております。令和4年4月~6月期調査につきまして、以下入力フォームよりご回答いただきますようお願い申し上げます。

回答期限:令和4年6月10日(金) 結果報告:集計・分析結果は、会報およびホームページに掲載致します

※最後に「個人情報のお取り扱いについて」に同意の上チェック☑を入れてご送信ください。

<<過去の調査結果はコチラ>>


景気観測調査《調査期間:令和4年4月~6月期》入力フォーム

◆貴社(事業所)の概要について
①業種
②主な事業内容
③代表者年齢
④従業員数
※役員、パート・アルバイトを除いた正社員の人数をお選びください。
⑤会社等組織
⑥資本金

◆貴社(事業所)の経営環境等の状況や、仕事を通じて感じる景気感について
※数字等を厳密に比較するものではありません。景気感に対する印象をご回答ください

【設問A-1】令和4年4月~6月期 実績見込(令和3年4月~6月期と比較して)
売上高
採算
仕入単価
販売単価
従業員
資金繰り
総合判断
【設問A-2】令和4年7月~9月期 予測(令和4年4月~6月期と比較して)
売上高
採算
仕入単価
販売単価
従業員
資金繰り
総合判断
【設問B】今期の経営上、特に問題点とされるものについて※3つまで選択
1) 売上不振2) 受注単価・販売価格の低下3) 収益率の低下4) 個人消費の低迷5) 販売先の減少6) 大型店の進出7) チェーン店、ネット販売等との競争激化8) 公共工事の減少9) 民間工事の減少10) 仕入単価の上昇11) 円安の影響12) 円高の影響13) 代金回収困難14) 諸経費の増加15) 従業員(含、臨時)が過剰16) 従業員(含、臨時)が不足17) 設備不足・老朽化18) 特になし
【設問C】今期、特に感じていることについて

◆ロシア軍によるウクライナへの侵攻で、ウクライナ情勢は緊張感が高まっています。これを受け、各国の金利引き上げ政策や、原油、小麦をはじめとする価格上昇、サプライチェーンの混乱等の懸念の声が広がっています。これに関連して、以下の4点についてお伺いいたします。

【設問D】ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、貴社ビジネスへの影響(売上・仕入の減少、調達コストの上昇等)について ※該当するもの1つ選択
【設問E】上記【設問D】で(1)~(2)と回答した方に伺います。具体的な影響(懸念を含む)について ※該当するものすべて選択
1)国内販売数量の減少2)海外販売数量の減少3)エネルギー資源(原油、天然ガス等)価格高騰による電力・燃料コストの上昇4)エネルギー資源を除く仕入コストの上昇5)コスト増に伴う価格転嫁が進まな6)為替の変動7)調達の困難化に伴う仕入先の変更・見直し8)国内設備投資計画の修正9)海外設備投資計画の修正10)具体性はないが、漠然とした不安11)その他
上記で「11.その他」と回答した方その内容について
【設問F】改めて全員の方に伺います。円安進行が貴社の業績に与える影響について ※該当するもの1つ選択
【設問G】上記【設問F】で(1)~(3)と回答した方に伺います。円安進行が貴社の業績に与える影響について ※該当するものすべて選択
〈メリット〉1)自社の輸出額増加〈メリット〉2)取引先の輸出額増加による受注増加〈メリット〉3)取引先の国内回帰による受注増加〈メリット〉4)輸入品価格上昇による自社製品の価格競争力向上〈メリット〉5)為替差益による収益改善〈デメリット〉6)原材料、部品、商品等の仕入価格の上昇に伴う負担増〈デメリット〉7)燃料・エネルギー価格の上昇に伴う負担増〈デメリット〉8)仕入コスト上昇分を販売・受注価格へ転嫁できず収益悪化〈デメリット〉9)仕入コスト上昇分を価格に転嫁したことによる売上・受注額の減少〈デメリット〉10)輸入品(食料品や日用品など)の値上げに伴う消費者の節約志向の強まり〈デメリット〉11)為替差損による収益悪化〈その他〉12)その他
上記で「12.その他」と回答した方その内容について

◆令和3年度の採用状況に関連して、以下2点についてお伺いします。

【設問H】令和3年度の採用(令和3年4月~令和4年3月に入社)について ※該当するものすべて選択 ※非正規社員とは、契約社員、パート・アルバイト、派遣社員を指します。
1)正社員を新卒採用した2)正社員を中途採用した3)非正規社員を採用した4)募集したが正社員・非正規社員ともに全く採用できなかった5)そもそも募集しなかった
【設問I】上記【設問H】で(1)~(3)と回答した方に伺います。令和2年度の採用における充足状況について ※該当するものすべて選択
1)新卒採用の正社員を予定人数確保できた2)中途採用の正社員を予定人数確保できた3)非正規社員を予定人数確保できた4)新卒採用の正社員を予定人数確保できなかった5)中途採用の正社員を予定人数確保できなかった6)非正規社員を予定人数確保できなかった

◆新型コロナウイルス感染症の経済への影響は続いております。これに関連して、お伺いいたします。

【設問J】新型コロナウイルスによる経営への影響について ※該当するもの1つ選択
【参考調査】今後相模原商工会議所が事業を開催する場合、参加したい事業について※3つまで選択
1) 経営講演会・セミナー(オンライン含む)2) 経営革新に関する相談・指導3) 融資の相談、情報の提供4) 販路開拓や自社PRのための交流事業5) 事業所個別診断・指導6) 共済の相談、情報の提供7) IT化の相談・指導8) 会員親睦事業
<以下任意>
ご回答いただきましたお客様についてお教えください
ご入力いただきますと今回の調査結果等をメールでお知らせ致します
事業所名
ご回答者氏名
メールアドレス

●個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、本調査の運営管理並びに結果のご送付・当所事業のご案内にのみ利用致します。

←上記内容で送信されます。入力内容のご確認および「個人情報のお取り扱いについて」に同意の上チェック☑を入れてください。


お問い合わせ
相模原商工会議所 総務課
電話:042-753-8131

[記事の表示期限] 2022.06.15 23:59