経営・融資・創業・共済・検定のことならなんでも相談
相模原商工会議所
〒252-0239 相模原市中央区中央3-12-3
電話:042-753-1315 / FAX:042-753-7637

相模原商工会議所 中小企業経営実態調査

相模原商工会議所トップページ > 景気動向調査 >

第2回中小企業経営実態調査アンケート集計結果

調査期間:平成21年12月10日〜1月13日
調査方法:会議所ニュース1月号に同封・FAXにて回収

データに見る業況

・全体では売上げ高は同時期と比較して「減少した」との回答が78.6%と前回調査同様に約8割を占めた。特に製造業と小売業においては減少しているとの回答が8割を超える回答結果となった。

・収支状況(採算)においては業況が「悪化している」という回答が約7割以上を占め、減少割合は「1割〜2割」という回答が全体で40.7%と最も多く、そのうち建設業と小売業は50%を占めている。

・資金繰りについては「悪化している」との回答が全体で56.3%であるが製造業においては75%が「悪化している」という回答結果であった。

・建設業においては収支状況が「悪化している」との回答が約8割を占めているにもかかわらず、従業員数は「変わらない」との回答が78.3%となっている。これは受注単価の減少などで採算は合わないが受注をしているとの見方が出来、企業として経営を圧迫していることが伺える。

・経営上の問題点としては全体として売上及び利益の減少が多数を占め、未だ景気低迷が続いていることを示している。

集計結果

業種別グラフ

第1回中小企業経営実態調査アンケート集計結果

調査期間:平成21年9月10日〜10月13日
調査方法:会議所ニュース9月号に同封・FAXにて回収

データに見る業況

・全体では売上げ高について同時期と比較して「減少した」との回答が79.7%と約8割を占めた。特に建設業とサービス業については80%を超えており大幅に減少している。

・収支状況(採算)についても「悪化している」との回答が8割を占めている。特に製造業においては9割以上が「悪化している」と回答し、その中でも「50%以上悪化している」との回答が4割以上を占めた。

・建設業においては収支状況が「悪化している」との回答が8割以上を占めているにもかかわらず、従業員数は「変わらない」との回答が77.4%で雇用調整助成金の利用は「現在のところ予定していない」との回答が74.2%であった。これは、受注単価の減少などで採算は合わないが受注をしているとの見方が出来、企業として経営を圧迫していることが伺える。

・経営上の問題点としては全体として売上及び利益の減少が都の回答が多数を占め、未だ景気低迷が続いていることを示している。

集計結果

業種別グラフ

Adobe readerをダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、ADOBE社から無料で配布されていますので、左のアイコンをクリックし、ダウンロードしてご利用ください。
ページの先頭へ戻る